介護に関する情報掲載中!

ありがとう、シニア世代!

介護保険でできる住宅改修で介助者の負担も軽減

介護保険の住宅改修は転倒の不安を取り除いたり、車いすを使うようになっても住み慣れた家で暮らせるようにする小規模な改修が支給の対象です。
中でも手すりのとりつけが最も多く利用されています。
支給を受けられるのは、要支援、または要介護認定を受けた人で、給付対象となるのは、被保険証記載の住所の住宅です。
申請の際には、改修を予定している住宅の住所になっているのかを確認しておきます。
原則は一住宅当たり、20万円が限度額で、この範囲で検討する場合は、福祉用具の貸与や購入費補助といったサービスと組み合わせることが可能です。
いざ、介護が必要になった方にとって、安全で快適な住まいに改修するためには、足でバランスをとることが難しくなるパターンが多いので、安全な移動や立ち座りなどの動作を補助するために手すりが有効です。
移動経路や日常動作を確認し、どの位置にどのような形の手すりを設置するのかを考えて、しっかりと壁にとりつけ、安全に動作を行えるようにすることは転倒防止につながります。
手すりをつける前には、ドアノブやタオル掛けなどにつかまりながら歩いている人も多いため、危険ですので、早めの検討が必要です。
そのほかにも段差の解消や床材の変更、洋式トイレへの取り換えなども対象となっています。

高い需要と就職のしやすさで人気がある介護職

高齢化社会となった日本においては今後も増えていくと想定される高齢者の介護をいかにして行っていくかということが大きな課題となっています。
その解決策として国のレベルでは介護保険制度の充実が図られている一方で、全国各地でその実際のサービスを提供する施設が作られるようになってきています。
今日のトレンドとも言うべき業界となっていることから、大小の企業が設立されて数多くの施設を運営するようになり、増加する需要に答えら得るようになってきています。
実際に仕事を担う人材が不足気味ではあるものの、資格の取得によって就職や転職がしやすいことや、パートやアルバイトの先としても豊富であることからその需要が補われるようになってきています。
また、情報技術の発展によって実際に施設を運営していくための情報システムが広まってきていることから、スタッフ数も限定して運営することが可能になってきていることも人員不足の解消に大きな寄与をもたらしています。
今後も高齢者が増加するにつれて介護を必要とする人も増えると予想されることから、生涯にわたって仕事を失うことがない安定職として人気が高まり、現場で仕事を担う人材も増えていくものと予想されます。

recommend

製造メーカーから直接仕入れた監視カメラをお求めやすい価格でご提供。

監視カメラ

社内報を制作するにあたって徹底的に取材を行います。

社内報 制作

岐阜、愛知の注文住宅や一戸建て、デザイナーズハウスの設計

岐阜 注文住宅

納品されたその日にすぐ使える、オールインワンタイプのレーザー加工機。

レーザー加工機

Last update:2018/10/15

『介護』 最新ツイート

@ankoP1018

零の2作目の紅い蝶のEDの1つに妹(主人公)が失明して姉が介護してるんだけど、妹と離れるのが嫌だった姉は端で嬉しそうに微笑んでて…っていうのがあるんですけどこれで拗らせたのかな…うーん

25秒前 - 2018年10月22日


@carp_spring

介護職員あるある 夜勤になれると、2日や3日に一回夜勤があり、夜勤入りの日、夜勤明けの日は半日休みなみたいな感じあるから、日勤帯が五日も続くとすごく疲れる

26秒前 - 2018年10月22日


@ms9005fw

行政は個人の声より団体の声で動く。「老障介護」が課題に 障害者の生活考えるシンポジウム (京都新聞) https://t.co/b0q1GsKZF8

30秒前 - 2018年10月22日


▲ページトップへ

Copyright (C)2015 ありがとう、シニア世代! .All Right Reserved.